セフレ募集のイロハ!簡単にエロい女性と出会える方法

セフレを作りたいという男性はたくさんいることでしょう。
ですが、セフレがいるという男性になると、その数はグッと少なくなりますよね。
誰もが作りたいと思っているのに、なぜ少なくなるのでしょうか。

■作り方や方法がわからない

女性の中には確実にセフレを作りたいと思っている人もいて、上手く出会えば簡単にセフレを作れるわけです。
ただ女性の場合男性よりも作りたいと表立って言えませんので、探すのが大変なのだというわけです。
逆に言うと、簡単にそういった女性を見つける方法があればいいんですね。

■セックスフレンドを作る3つのポイント

女性がなかなかそういう関係になってくれないのは、自分の属するコミュニティにバレたくないからです。ですから、以下の方法で出会えば関係を持ってくれる可能性が上がります。

1.セフレ募集サイトを使って出会う
2.ナンパや合コンで出会う
3.変わったアプローチをする

1から見ていきましょう。セフレ募集サイトを使った場合、お互い顔も知らないわけですから、周りにバレるという可能性が極端に下がります。
そのため、女性側のハードルが下がり、作れると言えるでしょう。
とはいえ、できればかわいい子が良いですよね。出会い系にかわいい子がいるのかと言えば、答えはイエスです。

職業や土地的に出会いが少ない子、メンヘラ系の子やモデルなどはかわいい子でも登録しています。
職業でいうと、保育士や看護師、アパレル定員など不定休の人が多いようです。
こういった子はほぼ全員セフレ予備軍なのだそうです。

2のナンパや合コンですが、圧倒的にナンパの方が良いことは先に伝えておきます。
合コンの場合相手の友達と知り合いになりますから、ハードルが高くなってしまうのです。
またナンパされたいと思っている子は貞操観念が低い子が多いため、関係を持ちやすいです。

ですが、適当に街でナンパしても成功率はかなり低いです。
そこで、ネットを使いましょう。「ナンパされたい」などと検索をかけてみれば、意外といろいろ出てきますから、その場所でナンパしましょう。

3の変わったアプローチとは、単純に女性の知り合いに紹介してもらうことです。
話す機会があるときに、自分がセフレが欲しいことをそれとなく伝えておくと、もしも彼女のグループの中で「セフレ欲しいんだよね」と言っている子がいたら紹介してもらえるかもしれません。
この時に大事なのは、自分が軽い男だとみられない事と、真剣であることをわかってもらうことです。

■自分に合った方法でゲット

人には向き不向きがあります。ナンパをしたことがない人が最初からナンパで簡単に作れるということはないと思いますから、自分で出来そうなものを選んでぜひチャレンジしてみてください。

セフレ募集サイトでは年齢に気を付けよう

ネットの普及、SNSの普及で様々な人と仲良くなることが容易になりました。
中にはセフレを作る目的でSNSなどを使っている人もいるかもしれません。
しかし、相手にちゃんと年齢の確認をしておかないと、犯罪として罪に問われるかもしれないため、注意が必要です。

■セフレ作りが容易な環境

SNSに限らずセフレ募集サイトなどを使うことで、今まで出会わなかった同士が出会うことが出来るようになりました。
もちろんその中には、セフレを作りたいという目的同士の人もいるでしょう。
出会うこと自体は問題ではありませんが、相手が年齢を誤魔化しているという可能性を忘れないように注意しておきましょう。

■年齢を誤魔化している子と関係を持ってしまった場合

本当にセフレを作りたいのか、単に男を嵌めたいのかの違いはあるかと思いますが、18歳未満なのに年齢を誤魔化している子というのが実在しているのは事実です。
援助交際目的であれば、18歳未満だと相手をしてもらえませんし、相手をしてもらえなければお金をもらうこともできませんから、誤魔化す以外ないということかもしれません。
ただ実例として19歳だと教えられた女の子が、実は18歳未満で警察に出頭を求められあというものもあります。

この時に出頭していいのか、出頭して何を話したらいいのか頭が真っ白になるかと思います。
実は18歳未満だと知らずに関係を持ってしまった場合、それが事実であれば児童買春の罪に問われることはありません。
ですから、一貫して18歳未満だと知らなかったと言い続けられれば、問題はないでしょう。

しかし相手から18歳未満ではないと言われていても、どこかで18歳未満かもしれないが構わないと思っていたとすれば、罪に問われます。
また少しも疑っていなかったとしても、捜査機関に乗せられて認めてしまえば、冤罪で処罰されてしまいます。
こうならないために初対面の子と会うときには、身分証などを見せてもらって年齢の確認をしてから付き合うようにしましょう。

自分の身を守るためですから、身分証の提示を断られたら、そのまま何もせずに別れるということも大事かもしれません。
万が一このようなトラブルに会ってしまった場合には、自分で解決しようとはせずに弁護士に相談するようにしましょう。

■自分の身は自分で守るしかない

自分が犯罪をしないためにも、冤罪で不当な処罰を受けないためにも、自分の身は自分で守るということは徹底しておきましょう。
せっかく会えたのだからと、欲を出してしまうと取り返しのつかないことになってしまうかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする