ヤレルアプリが窓口

援助交際の経験がない人にとっては、「デートしてHをして楽しむ代わりに金銭的援助をする(お小遣いを渡す)」というようなお手軽なイメージを持っている人も多いかもしれませんね。

実際には、出会う女性と男性によってもさまざまなケースがあるとは思いますが、突き詰めていえば「お金を払ってHをする」、つまり売春行為であり、女性が売り手、男性が買い手(=客)というわけです。
ですから、お金を払う男性側に主導権があるわけです。

援助交際は、女性が個人でやっている場合もありますが、中にはそうした援助交際を斡旋しているグループもあります。
そうした斡旋グループでは、窓口担当の女性がヤレルアプリなどで客となる男性を誘い、お金の交渉などを行います。
そして話がまとまったところで、グループ内にいる女の子を「派遣」して、彼女が持って帰ってきた「収入」の中から何割かを受け取るわけです。
その代わり、何か男性側とトラブルがあった際は、グループ内の「用心棒」役が出張るというわけです。
こうした援助交際斡旋グループは暴力団関係者が絡んでいるケースが多いですし、個人で援助交際をしている女の子に見えても、実は背後にこうしたグループがいるということはよくあるので、男性側も「お金を払っているから」と、好き勝手をするわけにはいきません。
そもそも援助交際自体が犯罪行為なのですから、トラブルになって表沙汰になれば困ったことになりますし、悪質なケースになると、お金を払ってHになる直前で、部屋にヤクザまがいの男が踏み込んできて、暴力沙汰や恐喝等に発展するケース(いわゆる美人局ですね)もあります。

また、女性側も、援助交際をする相手がどんな人間かはわかりませんから、相応の危険を伴うことは覚悟すべきです。
一見温厚そうに見えても、怒ると自制が効かない人、ベッドの上ではサディスティックな性的嗜好のある人物もいます。
一対一で会う以上、男性から本気を出されたら、まず腕力ではかないませんし、お金をもらっている以上は立場が弱いのも事実です。

男女とも、援助交際にはそれぞれ大きなリスクが伴うことを自覚し、それでもやるのであれば、トラブルを避けるためにしっかりと相手を見て、またきちんと対人関係のマナーを理解しておくことが大切といえるでしょう。

More from my site

  • 恋人がいるのにヤリモク相手を作る理由恋人がいるのにヤリモク相手を作る理由 恋人がいながらもヤリトモと付き合っている人も少なくないようです。 ヤリトモとはセックスを楽しむために関係を持つわけですから、恋人がいるなら十分満たされているだろうと多くの人は考 […]
  • じれったい、ふたりの出会いじれったい、ふたりの出会い 出会いを求めるのであれば、手っ取り早いのがネットのヤレルアプリを利用し好みの女性をゲットすることだと言えます。 男性の多くはパソコンでヤレルアプリを見つけ、様々なサイトに会員登 […]
  • 面白ければそれいい、という意気込み面白ければそれいい、という意気込み どんなに刺激が強かろうとも過激な内容だろうとも、 面白ければそれいい、という意気込みでヤレルアプリに登録してみた。 Hな雰囲気のところやお堅い感じのところも手当たり次第。 […]
  • キャリアウーマンを落としたい!キャリアウーマンを落としたい! 最近は特に「キャリアウーマン」と呼ばれるタイプの「仕事がデキる」女性が増えてきています。 雇用機会均等法の施行で、職業上における男女の差がなくなったこともその理由の一因なのでし […]
  • サイト選びの際には注意が必要サイト選びの際には注意が必要 出会い系サイトを利用してセフレを探しているひとはたくさんいますが、どうせなら安全なヤレルアプリを利用することをおすすめします。 一般の出会い系サイトでは利用者の目的はさまざまで […]
  • ヤリモクに対する男女間の考え方の違いヤリモクに対する男女間の考え方の違い ヤリモク相手とはお互いがただセックスだけを楽しむだけの関係で、二人の間に恋愛感情は存在しません。 しかし、中にはこの関係を誤解したり間違った方向性に行ってしまうケースが見られる […]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする